スニーカーを買った

今日、妻と一緒にイオンモールに行って自分のスニーカーを買いました。

「スニーカーを買った」と言ってもこの靴の形状が本当にスニーカーかどうかは私にはわかりません。あまりオシャレに気を使わない性格で靴の種類がよく分かっておらず、靴にヒモがついていたら「スニーカー」ということにしています。本当はウォーキングシューズかもしれません。

私は以前まで革靴とサンダルの二つしか履物を持っていませんでした。会社に行くときの革靴。出かけるときのサンダル。妻はそのことをちょっと気にしていて私にスニーカーを買ってはどうかと提案してきたのです。

私は最初「欲しくない。」と言って買うのを拒んでいました。お金のことを気にしていたのです。サンダルで済むのであれば、サンダルでよいと。でも私も心のどこかでちゃんとした靴が欲しい気持ちがありました。本当はちゃんとした靴で散歩がしたい。私の気持ちは時がたつにつれて靴を買う方向へ向かっていきました。

「土曜日に買いに行こう」

今日、靴を買って気持ちが晴れ晴れとしました。自分のことを大切にしていない自分の心がひとつ救われたような気持になりました。

明日早速この靴を履いて外に出たい。私の気持ちは外へ向かい始めました。